なぜMonoeci(XMCC)が良いのか

現在、中国、アメリカ、ドイツを主軸にEU諸国(全部ではない)、日本も仮想通貨に関しては規制をしている、またはする予定で進んでいます。

この国によって規制されてしまうという問題が、仮想通貨が抱える最も致命的なリスクとして顕在化したため、

昨年末にBTCが最高値を更新した後の暴落過程にあって相場が全く戻らない結果に至っていますね。

 

直近で最も規制が協議されるのではないかと懸念されたG20では結局それほど踏み込んだ規制の話に発展しなかったようですが基本的に大国は仮想通貨を規制する方向に傾いているのは間違いなく仮想通貨の未来はあまり明るいものではないですね。

しかし、G20で露呈したのは大国が規制に傾いているのとは対象的に小国はむしろ仮想通貨をチャンスとして捉え発展に前向きであるということが露呈しました。

その仮想通貨を推進し3年間あらゆる規制を撤廃すると決定したのが先日ご紹介したモナコ公国です。

モナコ公国 仮想通貨に適した環境整備へ向けて

モナコ公国はF1レースでも有名ですが、世界一不動産価格が高くハイパー金持ちしか暮らしていない国で最近話題のタックスヘイブンでもあります。

 

その国で政府と協議しながら発展中の「Monoeci」は、

・タックスヘイブンと仮想通貨は相性が良い
・金持ちしかいない国で決済通貨として浸透中
・規制に対する懸念が一切ない、むしろ政府が応援してる
・しっかり活動報告がSNSでもたらされている

という点で将来ほぼ間違いなくメジャー通貨にのし上がる可能性を秘めています。

これが私がMonoeci(xmcc)を押す理由であります。

Monoeci活動の主体がフランス語でその次に英語という難解な点が、日本語の情報が殆ど無いという情勢となっているので私が頑張って翻訳しその魅力をお伝えしようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)